小倉広太郎 木の仕事巡回展~重畳~

 
mein.JPG
 
 
 

今年6月に本店 CAFÉ DU GRACE 921galleryにて個展を開催致しました木工家 小倉広太郎氏の作品がMUTTEへ巡回してまいります。
MUTTEでは、重なり群れる様子に焦点を当てた展示を致します。ひとつひとつの美しいものが幾重にも重なったり、群れ集まることで違う視点を持たせてくれる風景となることでしょう。

木と向き合う日々を過ごしている小倉さんの作品を見て、心を動かす何かを感じて頂きたいです。多くの方にご覧いただけますと幸いです。是非足をお運び下さい。

 

2019/8/3(Sat) – 2019/9/16(Mon)

open / 11:00-19:30

closed / Wednesday, Thursday

※急な営業時間変更やお休みもございます。
御来店の際は事前にご確認下さいませ。

 

 

滋賀県土山町の旧東海道沿いに工房を構え、毎日木と向き合う小倉広太郎さん。毎月行われるセリに出向き、数百本の木を見て直感的に作りたいものをつくります。
彼の作品を見ると木そのものの素材感をむき出しにしている表現によって、素朴で荒々しい造形の中にも、一つ一つからは古代から静かに呼吸をしているような自然信仰のかたちが見て取れます。
その背景にある彼の思想には、小さな頃からずっと目にしている、庭にたつ小さな鳥居。裏山にある神社を守るように植えられた大きな杉の木。幾人もの旅人を癒したであろう小さな川。多くの人たちが思い思いに行き来した旧街道…。 そういったことが今彼の作るモノには映し出されているように感じます。
この度の展示会では木と向き合い直感的に作り出した1 点モノを中心に展示致します。
CAFÉ DU GRACE 921gallery展覧会案内より

 
 
 
MUTTE OKAYAMA